Shigemaruの小部屋

スマホやPCゲーム、バイクなどの日記です

X829の モデム アップデート

今までのモデムは、00033でしたが、RR-NはOTAアップデートでOSとモデムのアップデートが可能ですので、モデムをアップデートしました。

f:id:shigemaru-ace:20170603221204p:plain

やり方はとても簡単で、システム設定から『高度な設定』を選んで、上の方にあるタブの『その他の設定』をクリックします。

すると、アップデートの項目に、『アップデートを確認』という奴と、その下の方に『MODEM_419D-V.00050』というのがありますので、そこをクリック。

ダウンロードが開始されますので、DLが完了したらTWRPを起動してインストールするだけです。

f:id:shigemaru-ace:20170603221838p:plain

最後に、設定⇒端末情報⇒ベースバンドバージョン を確認し、V.00050に変わっていればOKです。

419DのDはデベロッパーの意味で、開発者版を意味します。

XDAフォーラムでも、特に不具合の報告は出ていませんので、アップデートしても大丈夫だとは思いますが、ROM焼きは全てが自己責任ですので・・・。

RR-N-v5.8.3-20170527-x2-Officia+TWRP3.11+スーパーマリオラン 他 インストール

Letv X 829用 Android NのカスタムロムがVolteに対応したようなので、いくつかのROMを試してみました。

一番動作が安定していたのはRRでした。

RR-NはVolte対応・LEリモート実装で自分には一番合っているようです。f:id:shigemaru-ace:20170529220032p:plainf:id:shigemaru-ace:20170529220115p:plain

RR 7.12は標準でMagiskが実装されていますが、セーフティーネットをチェックすると『CTSプロファイルが不一致』と表示され、Root隠しが動いていないように見えます。

実はこの状態でもポケモンGOやスーパーマリオランはインストール可能で、動作します。

注意点は、ROMに実装されているMagiskの状態はXで、プレイストアからもう一度DLしてインストールする必要があります。(理由は不明)

それと、上のSS一番下のSELinuxがエンフォースだと駄目で、Permissiveに変更する必要があります。

SELinuxの変更は、XDAフォーラムに変更用アプリが紹介されているので、それを使いました。

f:id:shigemaru-ace:20170529221545p:plainf:id:shigemaru-ace:20170529221209p:plain

 

 

Magiskの解説は他の方のサイトを漁ってみてください。

f:id:shigemaru-ace:20170529221406p:plainf:id:shigemaru-ace:20170529221501p:plain

それから、TWRPの3.11を見つけたので、アップデートしました。

プレイストアからTWRPの公式アプリをDLし、アプリからX2を選ぶと自動的にDLされて、フラッシュもアプリから実行されます。

これって、標準リカバリーの機種でもアプリをDLすればPCと接続しなくてもTWRPが焼けそうな感じですね。

上のMagiskもアプリからRoot化が出来るので、大変便利です。

 

RR 7.12の感想は、BlackScreen 2.1 Kernelに変更されている事と、Volte対応・ドルビー対応(BT4.0のイヤホンでテスト)で高音質・電池持ちは、ソコソコ良い・IRリモコン対応・カメラが一応動く・各種ボタンの入れ替え(動作方法)と通知バーなどのカスタマイズ可能 などです。

Volte対応のAndroid Nは全て試しましたが、今回記事のRRが最も優れていると感じました。

 

 

 

 

aokp_x2_nougat_unofficial_2017-05-08_0838.zip インストール

タイトルのAndroid 7.12 を試してみました。

f:id:shigemaru-ace:20170513201852p:plain

取り敢えずは常用可能なレベルまで仕上がっています。

 

f:id:shigemaru-ace:20170513201939p:plain

ベンチマークは、前記事のHEXAGONより少し下がっています。

 

f:id:shigemaru-ace:20170513202039p:plain

Android 7.12 ではXposedがまだ使えないのですが、このROMはステータスバー他のカスタマイズが標準で可能となっています。

f:id:shigemaru-ace:20170513202243p:plain

パワーセーブ関連は、カスタマイズされたプロファイルがいくつか入っていて、自分の用途に合ったものがあれば選ぶだけとなっています。

例えば、GPSはONにしておいても、画面が表示されているときだけ機能させるなどです。

前記事のHEXAGONも悪くは無いのですが、IRリモコンが入っていないので、こちらを使うことにしました。

AOKP 7.12はOSにIRリモコンが入っています。

PLAYストアなどは入っていないので、別途TWRPからインストールする必要があります。(open_gapps-arm64-7.1-pico-20170427.zip

SuperSUも専用の物をインストールします。(SR3-SuperSU-v2.79-SR3-20170114223742.zip

QC3に対応していますが、自分の場合置くだけ充電で使うので、QC3はオフにしました。

Xposedの記事を捜していたら、『もうすぐリリースするよ』となっていたので、公開されるのは、そう遠くないのかな?と思っています。

HexagonROM-V2.4-20170508-OFFICIAL-x2.zip インストール

タイトルのAndroid 7.1 を試してみました。

f:id:shigemaru-ace:20170513121658p:plain

 

7.1はカメラの不具合が多いのですが、このOSも録画を始めるとアプリが落ちてしまいます。

カメラを起動してから録画にアイコンから切り替えて録画を始めると普通に動画が撮れます。(要するに、カメラアプリに写真と録画のボタンが出るのですが、そのボタンから録画を始めると駄目って事です。)

f:id:shigemaru-ace:20170513122040p:plain

日本語化は概ね80%位されており、操作が解らなくなることは無さそうです。

 

f:id:shigemaru-ace:20170513122129p:plain

ベンチマークは15万弱で、なかなかの数字を叩き出しています。

電池持ちは6.0よりは良さそうですが、まだ半日程度しか試していないので不明。

 

f:id:shigemaru-ace:20170513122307p:plain

QC3にも対応していて、12Vで充電すると、満充電まで1時間かからない感じです。

 

Android 7.1だとX-Posedがまだリリースされていないので、広告のカットが問題になってしまうのですが、今回は有料アプリを導入して対策してみました。

購入したアプリは、『Ad Guard』と云うやつで、WEBページのカットだけなら無償・アプリの広告も消したいなら有料 というものです。

詳細は他の方の解説サイトを見てください。

自分が参考にさせて貰ったサイトでは、円やドル建てで払うと(カード払い)損するから、RUB(ルーブル)払いがお得と書いてありました。

教えて貰った通りに、スマホ1台用・無期限をルーブル払いで購入すると、日本円で大体700円程度で収まりました。

f:id:shigemaru-ace:20170513123803p:plain

 

f:id:shigemaru-ace:20170513123901p:plain

xposedのminmin guardと比べると、広告自体は表示されませんが、広告の枠は残ってしまうので、ちょっとすっきりしませんね。

Android 7.1用がリリースされるまでは、これで我慢するしかなさそうです。

 

ROMの感想は、素のAndroidに近い感じで、普通に使えそうです。

指紋やBT・Wifiなども普通に動くので、特に不満は感じませんでした。

しいて言えば、自動電源が無い事と、Letvリモートが入っていないことくらいかな?

IRリモコンも、エアコンとアンプで動作していたので、無いと少し不便です。

6.0のMokeeに戻すかどうか結構悩みますが、新しい物好きな性格なので、しばらくは使ってみます。

 

lineage 13.0 20170429 nightly インストール

Le MAX2 X829は、毎週のようにカスタムROMを焼いて色々試していますが、今回はリネ13.0を焼いてみました。

f:id:shigemaru-ace:20170502191812p:plain

2017年4月29日にリリースされた最新版です。

日本語化はほぼ完ぺきでした。

f:id:shigemaru-ace:20170502191955p:plain

設定欄には、volteの設定がありますが、動作しているのかどうかは不明。

f:id:shigemaru-ace:20170502192106p:plain

メニューボタンやホームボタンはカスタマイズ可能で、よく使う機能を割り当てることができます。

f:id:shigemaru-ace:20170502192339p:plain

ベンチマークは149654となっています。

当然のように動作はサクサクで、もたつき感は一切ありません。

いつものように、TWRPからopen_gapps-arm64-6.0-pico-20170427.zipとSuperSU-v2.79-201612051815.zip、XposedInstaller_3.1.1.apk、xposed-v87-sdk23-arm64.zipなどを追加でインストールしました。

他のROMで、zipをまとめてインストールしたら不具合があって、どれが原因かわからなくなった時があったので、今回は1個1個 個別にインストールしました。

特に不具合も無く、以前試した時にイマイチだったWifiや指紋も相当改善されているようです。

まだ半日程度しか試していませんが、この状態ならX829のベスト・ロムになりそうです。