Shigemaruの小部屋

スマホやPCゲーム、バイクや魚釣りなどの日記です

LT根魚 真鶴沖 キンメ、黒ムツ他

小田原 早川港から、中深場釣りに行ってきました。

今回、お世話になった船は、早川港の又衛丸と云う所です。

www.mataemaru-25.com

竿と電動リールをレンタルし、仕掛けはサービスしてもらいました。

料金は全部で10000円。(エサ、氷、貸ザオ、仕掛け)

仕掛けは、胴突きの五本針。


f:id:shigemaru-ace:20200219002830j:image

早川新港から、朝7時に出船しました。


f:id:shigemaru-ace:20200219003009j:image

午前中は、真鶴沖の水深250メートル前後を流し、キンメや黒ムツ、シロムツなどが釣れました。

午後になり、風が強くなってきたので早川港沖に移動し、小キンメとシロムツが釣れました。

f:id:shigemaru-ace:20200219005941j:plain

2時前位に沖上がりとなり、自分は合計10匹ゲット出来ました。


f:id:shigemaru-ace:20200219003621j:image
f:id:shigemaru-ace:20200219003635j:image
黒ムツは34センチ、キンメは26~32センチでした。

他に25センチの夢カサゴが釣れましたが、これはリリース。

家に帰って、黒ムツとキンメは刺し身で食べましたが、黒ムツは脂が乗って絶品でした。

キンメは小さめなのでいまいちかな?

煮つけにしたら結構いけました。

 

今回お世話になった又衛丸の船長は、とても気さくな方で港に戻った後 お茶を飲みながら色々と話ができました。(先週はキンメ25枚だったとか、ヤリイカは全然だめだとか?)

また利用させてもらいたいと思っています。

 

備考:色々調べていたら初島 南沖の方がキンメは数が出ているようです。

しかしながら、南沖は他の魚が釣れていないようなので、ほぼキンメのみ・・。

真鶴沖と比べると、一長一短ってところですね。

一回でLT根魚釣りにハマってしまい、電動リールと船竿の中古を、かめや釣り具で購入してきました。(竿とリールで合計12,500円)

竿はかなり古めで500円!!

リールは、ダイワのスーパータナコン S600W 12,000円(美品のBランク?)

多分リールは、ヤフオクなどより安いと思われます。

PEラインは国内で買うと高いので、アリババで購入しました。(PE5号 X8 500M 送料込みで1,300円)

AliExpress を利用したことが無ければ、登録時に招待コード『 INU51JPQ 』と入力すると、2,121円分のクーポンが貰えます。

(一回の注文で全部使える訳ではありませんので注意)

日本の通販と違い、到着まで2週間とか普通に掛かりますが、殆どの商品が送料無料となっています。

支払いはカード払いですが、銀行のキャッシュカードに付いているデビットカードでもOK

 

キンメは3月末までなので、あと2回位は釣行出来そうです。

 

 

ドラッグスター クラッシック(中古 4TR)シートバック取り付け

Aliでバイクのシートバックが安売りされていたので購入しました。

(お値段2,873円 送料無料)

f:id:shigemaru-ace:20191027131953j:plain

f:id:shigemaru-ace:20191027132032j:plain

f:id:shigemaru-ace:20191027132105j:plain

取り付け自体は超簡単で、リアシートを外して、付属のバンドで固定するだけです。

容量は10リットル程度で、バック下段のファスナーを開けると高さが少し高くなって14リットル程度まで拡張できます。

フックを外せば簡単に外せるので、お出かけ先でバックとして持ち運びができます。

内部は余り大きくは無いので、ヘルメットの収納は出来そうもありません。

ちょっとしたお出かけなどに、雨具や着替え1~2枚を入れて行けるって感じですね。

自分の場合はほぼ飾りなのですが、あれば便利だとは思います。

ドラッグスター クラッシック(中古 4TR)スクリーン取り付けと中華ヘルメット購入

DSC400にスクリーンを取り付けました。

f:id:shigemaru-ace:20191020151229j:plain

f:id:shigemaru-ace:20191020151300j:plain

前から見るとヤマハ純正品の様に見えますが、中華の安物(アマゾンで6,300円)です。

スクリーンの厚みもあり、70Km程度の速度では振動も無く視界も良好でした。

耐久性は解りませんが、値段が安いので概ね満足しています。

 

f:id:shigemaru-ace:20191020151639j:plain

上のSSが中華のヘルメットです。

Aliでお値段4,000円(送料込み)でした。

日本で買うと、スクーター用のヘルメットしか買えない値段ですね。

顎の部分がバカっと開くタイプで、内部にサングラスが内蔵されています。

f:id:shigemaru-ace:20191020151943j:plain

サングラス部分は左側のレバーで収納出来るようになっています。

ベンチレーションが、前と上部、後ろに付いていて、なかなか快適です。

メットホルダーに掛ける部分が無いので、少し工夫が必要そうです。

カラーはバイクとあっていて、こちらも概ね満足できる品物でした。

ドラッグスター クラッシック(中古 4TR)ユーザー車検取得

ドラッグスター400 クラッシックの車検を取得してきました。

午前中は車検場が込み合うので、第三ラウンド(12:45受付開始)を事前にネットで予約しておきました。

書類の作成にかなり手惑いましたが、沼津の車検場にはユーザー車検の相談コーナーがあるので、取りあえず必要書類や書き方、提出場所などを教えて貰いました。

書類の作成や印紙の購入などで40分程度掛かりました。

書類が揃ったら内容を係の方に確認してもらい、検査ラインへ向かいました。

f:id:shigemaru-ace:20190924163002j:plain

検査ラインに入る前に、検査官が書類の確認やストップランプ、ウインカー、ホーンなどの動作テストをやってくれました。

ストップランプの検査時に、後ろ側のストップランプスイッチが効いていないようでしたので、『フットブレーキを踏んで!』と言われたときに、こっそりフロントブレーキも握って胡麻化しました・・。

(後日、マフラーを交換した際に、リアのストップランプスイッチから繋がっているバネが外れていたことが発覚。ブレーキペダルに繋げたら正常に作動しました。)

 

その後、上のSSにある検査ラインに自走で向かいました。

バイクの場合、殆どが前輪でのスピードテストを行うそうです。

スピードメータが40Kmになったらフットスイッチを離します。

このフットスイッチというのが最初良く解らなくてテンパリました。

よく見ると左の床に1M位の鉄板でできた突起があり、それを足で踏むようでした。

f:id:shigemaru-ace:20190924163622j:plain

上のSSの中央上にある青い突起がそのフットスイッチです。(SSでは3か所写っています。)

最初前輪をテスターの窪みにはまる位置に停車させます。

速度の計測は蛇行運転するように左右にハンドルが取られますが、慌てないように・・・。

次に後輪を窪みに入れて、ブレーキのテストをやりました。

そのあと前の白線まで進み、ヘッドライトの光軸測定をやったのですが、まさかのアウト!!

検査官がほんの少しだけ下にズレていると言いながら笑っていましたが、自分で動かしてまたアウトだと時間的にやばいので、検査場から300mほどにあるテスター屋さんに調整を頼みました。(お値段1,300円)

自賠責もうちで加入してもらえば半額だよ?と言われたのですが、残念ながら仮ナンバーを取得するために予め自賠責は加入してあったのでした。

f:id:shigemaru-ace:20190924164701j:plain

再検査の時は、不合格になった個所だけ受けなおすことができました。

本来は上のSSのボタンで操作するのですが、この日バイクの検査ラインはがら空きだったので、検査官が全部やってくれました。

光軸検査にパスしたあと、書類をもって新規登録(ナンバー取得)をやりました。

分らない箇所は空白にして出したら、受付のお姉さんが丁寧に教えてくれました。

車検証が発行された後に、ナンバーを購入し、無事全ての手続きが終わりました。

12:45~3:30まで掛ったので、トータルで3時間程度で2年車検が取得できました。

掛った費用は総額で22,000円程度(自賠責+検査料+登録印紙代+重量税+ナンバー代+テスター代+仮ナンバー代+住民票など)でした。

 

整備屋さんの約半額で車検を取得できるので、自分でやればかなりお得です。

ただし平日に時間が取れないと、仕事を休む事になるので、そういう場合は民間に出した方がトータルではお得かもしれません。

自分の近所の整備屋さんだと、30,352円で2年車検が取得出来る所もありますので・・。

 

===追記 9月27日==============

車検を取得した後、ちょい乗りで50Kmほど走ってみましたが、何やら3000~4000回転付近で燻ぶるというか吹けが悪い感じでした。

そのまま走ると100Kmまで普通に回るのですが、やはりキャブが詰まっている感じでした。

本日時間が取れたので、キャブ内部を掃除することにしました。

f:id:shigemaru-ace:20190927201511j:plain

キャブを開けてみると上のSSの様に内部はひどい状態でした・・。

f:id:shigemaru-ace:20190927201630j:plain

こんな状態でエンジンが掛って、取りあえず走れていたのが不思議なくらいです。

キャブレタークリーナで洗浄し、パッキンなどはそのまま使用しました。

清掃後は、下から上までスムーズに回り、パワーカーブも非常に滑らかになりました。

このバイクは初めてキャブをバラしたので、全ての作業の所要時間は3時間程度でした。

キャブの取り外し方などは↓のWEBページを参考にさせてもらいました。

www.centrum.jp

写真付きの詳細な解説で、とてもわかり易くて助かりました。

ドラッグスター クラッシック(中古 4TR)車検準備(ノーマルマフラー取り付け)

過去記事にあるドラッグスター 400 クラッシックのマフラーを交換しました。

f:id:shigemaru-ace:20190920164649j:plain

元から付いていたフィッシュテールマフラーを取り外すのにだいぶ苦労しました。

車検を取ったら戻すつもりだったのですが、取り付けボルトが錆び付いていて外れませんでした。

錆取り剤や、フリーズ リリース、インパクトドライバーを使ってもダメで、最終的には ナットブレーカーでエキパイ取り付け部のナットを切断し、ようやく外れた次第です。

マフラージョイントとマフラー取り付け部が、六角ネジになっているので、構造上取り外すことなんて考えて作られていないと思いました。

何はともあれ、ノーマルマフラーに交換でき、とても静かになってよかったです。

 

キャブレターは結局、オーバーホールはしませんでした。

KUREの『FUEL SYSTEM PERFECT CLEAN』というガソリン添加剤を入れて、1時間程度アイドリングさせたら普通に吹け上るようになりました。(2輪車には使用しないでとありますが・・。)

ある意味、完全な手抜きなのですが、2本入りで1,000円程度の品物で調子が良くなったので驚いています。

多分、ハイオク燃料に入っている洗浄成分だと思うのですが、燃料系統からシリンダー内部まで洗浄できるようです。

じゃあハイオク燃料を入れた方がいいのでは?と思うかもしれませんが、バイクにハイオクを入れては絶対にダメです。

点火時期も変わるし、燃料ホースなどが破損する場合もあります。(外車などは特に・・。)

説明書には5000Km走行毎にとなっていますが、1本で5回分はあるので、しばらく給油毎に入れてみようかなと思っています。