Shigemaruの小部屋

スマホやPCゲーム、バイクなどの日記です

TW200 ホムセン箱(コンテナボックス) 取り付け

TW200にホムセン箱を取り付けました。

ホムセン箱は1,980円で、他に取り付け用のステーやボルトなどを購入し、掛かった費用は大体4,000円位でした。

ドリルが無いと話にならないので、DIY用ドリル+6mmのドリル刃などで約3,000円程度別途掛かっていますが・・・。

f:id:shigemaru-ace:20170728163612j:plain

f:id:shigemaru-ace:20170728170127j:plain

 

f:id:shigemaru-ace:20170728164142j:plain

f:id:shigemaru-ace:20170728164330j:plain

f:id:shigemaru-ace:20170728164356j:plain

f:id:shigemaru-ace:20170728165116j:plain

前側のステーは厚さ2mmで、ちょっと強度不足ですが、後ろ側のステーは強度も十分あり問題ない感じです。

後ろのステーは5mm厚のL字型の物を2本ボルトで繋いで、ホムセン箱の後ろの方を保持するようにしました。

空いていた穴は5mmだったので、ドリルで6mmに穴を広げました。

前後で計6カ所を6mmのボルトで固定しています。

実は最初に取り付けた際に、ステーの向きや配置がイマイチで、余分な穴が開いいますが、・・・。

バイク本体の加工は一切していません。

取り外すことは考えていないので、時々2人乗りするような人には不向きです。

取り付けた後、10リットルのガソリン携行缶を満タンにし、5キロ程度のバックパックを入れて走行してみましたが、グラつく事もなく快適に走行できました。

スーパーに買い物へ行くにも便利だし、雨具なども常備して置けるので大変重宝しています。

 

 

Small EUI V16 を焼いてみました

最新版のSmall EUIをテストしてみました。

EUIのバージョンは26Sっぽいですけど、Modemが古い物に置き変わってしまったので、別途インストールしました。

f:id:shigemaru-ace:20170719213120j:plain

 

最新版のV16は、AROMA INSTALLERになっていて、TWRPから焼く時に欲しい機能を選択することが可能です。

例えばルート化する・しない とかMajisk入れる・入れない とか、Xposed必要・不要 などなどを選択する感じです。

ROM自体はロリポなので、安定度は抜群です。

バッテリー消費もかなり少なめです。

インストール時に、バッテリープロファイルも選択できるので、自分の場合は標準プロファイルを選択しました。

Small EUI (EUIも含めて)の特徴は、Android Nと比較すると、バッテリー消費が少ない事ですが、これは使われていないバックグラウンドのアプリなどをバシバシ停止させているからです。

逆に言うと、常に常駐させておきたいアプリもキルされてしまうのが難点・・。

その代り、メールの確認や数回の通話程度なら、朝から夜まで使っても20%程度しか電池は減りません。(ウルトラロングスタンバイにすると10%未満?)

好みの問題もあるのでお勧めとかは出来ませんが、バッテリー消費が気になる場合は試してみると良いかもしれません。

 

AospExtended ROM V4.4 (Android N) を試してみました。

タイトルのROMがアップデートされたので焼いてみました。

f:id:shigemaru-ace:20170709205709p:plain

f:id:shigemaru-ace:20170709205739p:plain

カーネルはリネなので、バッテリー持ちはイマイチかも?

時間が取れたら、ブラックスクリーンの最新版を試す予定です。

他の7.12カスタムROMと比べると、動作は安定しているようです。

wifiやBT、GPSなど、どれも普通に動きます。

特筆できる点は、magisk v13で全てのセーフティーネットにパス出来た事かな?

f:id:shigemaru-ace:20170709210633p:plain

他のROMではアプリは動くけど、CTSプロファイルのエラーが出てたりして、すっきりしませんでしたので・・・。

普通にmagiskをインストールしただけではだめで、今回はXDAフォーラムのパッチを導入してみました。

forum.xda-developers.com

シャオミのプロファイルをLe MAX用に修正した物の様です。

上記のZipファイルをTWRPからインストールした後、magiskのmagisk hideから、プレイストアや他のgoogle関連システムアプリなどにhideを適用したら上手く動きました。(まあ、ゲームは殆どやらないんですけどね・・。)

 

他に、カメラアプリが割と充実している感じです。

f:id:shigemaru-ace:20170709211832p:plain

f:id:shigemaru-ace:20170709211951p:plain

 

f:id:shigemaru-ace:20170709211744p:plain

公式アプリの機能と同じなんですけどね。

 

公式と云えば、EUIの7.1も開発中との事で、上手くいけば間もなくリリースされそうです。

それまで会社が倒産しなければ良いですね~。

 

 

Le MAX2 文鎮化寸前から復活の忘備録

タイトルの通り、文鎮化寸前という事態に陥りましたが、何とか復活しました。

 

事の発端は、EUI 26S CNを試した事から始まりました。

26Sで日本語が復活したようなので試してみた訳です。

カスタムOSは各種バックアップを取っておいたので安心していたのですが・・・。

事の経緯を箇条書きにしてみます。

 

①EUI 26S CNを焼いた。

②日本語は入っていたが、やはりイマイチなのでRR7.12に戻した。

リカバリーは正常に出来たが、ブートロゴが中国語になってしまい、EUI 16S indiaを焼いて英語に戻した。

④また中国語に戻ると嫌なので、リカバリーからRRのシステムとデーターのみレストアしてみた。

⑤通常起動しないので、クリーンインストールをしようと思いTWRPを起動

⑥TWRP起動時にパスワードを要求してくるので、一旦キャンセルしてからフルワイプしようと思ったら、内部ストレージがマウントされていない。

⑦システムのマウントをクリックしてもパスワードを要求されてそこから進まない

⑧ADBからTWRPを入れ直しても同じ状態・・・・。

⑨TWRPでは、いつもアドバンスドワイプばかり使うので、フォーマットデーターは使ったことが無かったので試してみた。

⑩ここら辺はうろ覚えなのですが、確かフォーマットデーターをしたらシステムがマウント可能な状態になりました。(ファクトリーリセットも押したかも?)

f:id:shigemaru-ace:20170615011911p:plain

⑪システムがマウントされたので、あとはいつものようにROMを焼くだけでした。

使っているTWRPはX2用の3.11最新版です。

 

過去記事にある各種カスタムROMですが、電池持ちや安定性、カスタマイズの使いやすさなどから、オフィシャル RR 7.12が一番使いやすいという事で落ち着きました。

最近OTAアップデート通知が来ていたので、アップデートしました。

やり方はOTA通知を開くとダウンロードリンクが開くので、ダウンロード後にTWRPから焼き直すだけです。(上書でOKなので、ワイプの必要はありません。)

OTAと言っても、差分ファイルではなく、600M近くあるのでWiFiは必須になります。

 

RR 7.12は、magisk v12になっています。

最新版はv13なので、手動でインストールしました。

RR 7.12は、magiskがシステムに組み込まれているのでちょっと面倒ですが・・・。

自分がやった方法は、RRのシステムアプリ削除機能を使ってアプリを削除しました。

削除せずにmagiskマネージャー5.0を入れようとすると、エラーをはいてインストールできません。

magisk v13は、TWRPから上書で焼くようにとXDAのフォーラムに載っていたので上書インストールしました。

forum.xda-developers.com

取り敢えず動作は問題ないようなので、このまま使ってみます。

 

追記:6月18日

2ちゃんのLetv総合スレの記事で、起動時のロゴの件で書き込みを見たので忘備録として貼り付けておきます。

「起動時LeEco英語版ロゴは、インドROMからsplash.img抜き出してfastbootで焼けばOK」

euiを焼く事は無いと思いますが、上記の方法で上手くいけば、EUI CN ROMを焼いても英語ロゴに変更が可能かと思われます。

中文だといかにも中華スマホって感じですから。

Pure Nexus Project 7.12 を試してみました

6月5日のアップデートで、IRリモコンに対応したようなので、Le MAX2 X829にPure Nexus Project 7.12を焼いてみました。

Le MAX2用にビルドされているカスタムROMの中では、一番動作がサクサクしてるのですが、リモコンに対応していなかったので、今まで見送っていました。

f:id:shigemaru-ace:20170607224758p:plain

通知バーや各種ボタンの入れ替え・動作設定の変更などは、他の7.12ROMと同じ感じです。

 

f:id:shigemaru-ace:20170607224958p:plain

 

OTAとVolteに対応しているのも、他のROMと同じです。

f:id:shigemaru-ace:20170607225152p:plain

通知エリアにBTデバイスの大まかな電池残量が表示されます。(他のROMでも出せますけど・・。)

電池持ちはAOSPベースなので、他のROMと同じ感じです。

大部分が同じなのですが、操作してみると、ワンテンポ他のROMより動作が速い気がします。(体感できるレベル)

当面は、このROMを常用したいと思います。

 

=追記=

ベンチマークのSSを追加しました。

f:id:shigemaru-ace:20170609024919p:plain